豪傑ママの子育て劇場

アクセスカウンタ

zoom RSS たまにはうちの変な親父のこと★〜その壱〜

<<   作成日時 : 2008/05/07 11:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

何日か前ですが、宅急便で巨大な箱が届きました。

ん?なんだろう。すごい軽いけど。

開けてみました。
画像

ななもビックリしてます。

え?なにこれ?魚のぬいぐるみ?あああ。鯉ね。

鯉→節句→私の親父

一瞬にして図式は出来上がりました。
びっくりしたのはその瞬間、携帯が鳴ったのです。

親父から。

え?どこかに隠しカメラがあるのか?と挙動不審になるくらいのタイミングでした。

「おうおう。元気にしてるか〜なんてな〜!!」
私と同じで声がでかい。

「今ちょうど届いたよ。これ、鯉だよね。節句のお祝いよね?」

「お?そうかあ、もう届いたかぁ?そういえば送ったっけなぁ。」

とてもしらじらしいのですが、うちの父はいつも知っているのにとぼけた言い方をします。

「ありがとね。そうき(息子)もよろこぶよ。」

「面白いだろう。タズナも付いてるんだぞ。その上にそうきを乗っけて写メールで送ってくれ」

ということで一旦電話を切った。
ああ。また無謀な事を。
というのも今そうきに鯉を近づけたのだけど、
ビックリするくらい無視なのだ。

息子を鯉にまたがせようとするとなんとギャン泣き!!!!
それからは鯉を近づけるだけで途端に機嫌が悪くなってしまう。

携帯が鳴る。とりあえず出る。

「どうだどうだ?もしかして写真送ってるのにこっちは届いてないのかな?」

相変わらずせっかちだわね。

「まだ撮ってないから、撮ったら送るよ。今から出掛けなきゃいけないから、すぐには送れないよ〜」
とごまかした。

だいたい九ヶ月のそうきには鯉に一人で乗るなんて無理。
これから何回かまた電話くるだろうけど、適当にごまかしとこ。

うちの親父はとにかく何かを人にプレゼントする時、相手がどのくらい喜んでくれるのか
期待で胸をすごい膨らませるたちなのだ。

なので、正直い、いらねぇこんなの!!!
と思っても、うわーっありがとうっと言ってあげないと可哀相なのだ。

ああ。節句のお祝いは旦那側の親戚やらからは現金だの立派なおもちゃだの沢山頂いたんだけど、うちの家系からは
親父からのこの巨大鯉のぬいぐるみ一点のみ。

旦那や義両親に言うの恥ずかしいなー。

親父の気持ちは嬉しいんだけどね。




にほんブログ村 子育てブログへ

↑ランキング参加してまぁす♪
 よろしくおねがいします♪





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
カスタム検索

スポンサードリンク

マイクロアド

トレンドマッチ

たまにはうちの変な親父のこと★〜その壱〜 豪傑ママの子育て劇場/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる